肥満防止に食べ物を噛む癖をつける

突然ですが、あなたは食べ物をよく噛みますか?

この質問で、”ん~?”と考えた人は多いのではないでしょうか。

と言うのも普段、”噛む”と言う行為に意識を注いでいる人は、少ないのではないでしょうか。

では、噛むと言う行為をしたらどんな現象が起こるのか、少し調べてみましょう。

まず食べ物をよく噛めば、体内でインスリンが分泌され、脳内ではヒスタミンと言う物質が分泌されます。

この物質が満腹中枢を刺激し、少ない食事量でも満腹感が得られるのです。

お腹一杯になるまで、食事を取らないと気が済まない人は、”ゆっくり、良く噛む”ことを意識して、食事を取るようにしましょう。

すると、少ない食事量でも満足感が得られるようになるはずです。

大切なポイント

早食いは肥満の原因になります。
まずは食べ物をゆっくり噛む習慣をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする