男性と女性の肥満の違い

まず脂肪には2つの種類があり、1つ目は皮下脂肪、そして2つ目は内臓脂肪と呼ばれるものです。

男性の場合は、2つ目の内臓の周りに脂肪が付く内臓脂肪型と呼ばれる肥満が多いと言います。

この内蔵脂肪型肥満の特徴は、中年男性を見たら一目瞭然ですが、腹周りが”ボテッ”と出ている人もいれば、私のように胃の辺りから腹にかけて、まるで妊娠しているような肥満の人もいます。

これらのほとんどが、内臓の周りに脂肪がついて起こる肥満だと言われているのです。

女性と男性では脂肪が溜まる層が違う。

逆に女性の場合はどうでしょうか?

女性の場合は、男性と違い皮下に脂肪を溜め込んで肥満になる人がほとんどだと言います。

皮下とは皮膚の下のことを意味して、その層に脂肪があるので皮下脂肪を呼ばれています。

女性のポッコリお腹や、ボテッ尻のほとんどは、皮下に脂肪を溜め込んだ結果だと言われています。

こう考えると、男性と女性では同じ肥満でも、脂肪が付く層が違うために、体型の変化も違ってくるんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする