脂肪の役割とは何か?

脂肪は人間が生きていく上で、どうしても必要な物で

食べ物から得た栄養をエネルギーに変えて、運動したり生活したりする訳です。

そこで、余った栄養は、脂肪に変えられ体内に保存されます。

体内に保存された脂肪の役割は、食べ物から栄養が取れなくなってもそこから少しずつ栄養を取り出し、命を維持することが出来ます。

これは、人間が地球上で誕生して、厳しい自然の中で生きていく中で自然と身に付けた術だと言われています。

だからこそ、脂肪のお陰で、寒さや強い衝撃にも耐えらるのです。

逆に脂肪が無いと、寒さに耐えられず凍え死んでしまい、ちょっとした衝撃でも大きなケガを負って命の危機に関わるのです。

人間が生きていく上で、”脂肪”は必要不可欠な存在です。
分かって頂けましたでしょうか^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする