内臓脂肪(メタボリックシンドローム)診断基準。チェック法

BMIとは違って、体格を測定するのでなく、内臓脂肪型症候群をチェックするには、この方法でチェックするのが一般的です。

2005年日本内科学会によると。

・基準1 ウエスト

男性・・・ウエスト85cm以上
女性・・・ウエスト90cm以上

さらに、下の3つの基準の2つ以上に該当する場合、メタボリックシンドロームの可能性が極めて高い。

・基準2 高脂血症

中性脂肪値・・・150mg/dl以上
HDLコレステロール値・・・40mg/dl未満

・基準3 高血圧

収縮期血圧・・・130mmHg以上
拡張期血圧・・・85mmHg以上

・基準4 高血糖

空腹時血糖値・・・110mg/dl以上

ただ、自宅で診断出来るほど簡単ではないので、素直に病院へ行って検査を受けるしか方法はありません。

大切なポイント

よくある勘違いで、ウエストが85cm以上あるから”メタボリックシンドロームかもしれない!?”と心配する人がいますが、単純にそれだけでは判断出来ないようです。

逆にウエストが85cm以下でも、基準2、3、4に該当する場合、メタボリックシンドロームの可能性が十分あります。

”内臓脂肪が気になり始めたら病院で診察を受けるのが一番です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする