タバコ、アルコール類で脂肪が溜まりやすくなる。

タバコ、アルコール類で脂肪が溜まりやすくなる。

タバコは”百害あって一利なし”と昔から良く言われていることですが、
もし本気で脂肪を燃焼させる気があるなら即刻止めるべきです。

 

 

タバコに含まれるニコチンの中毒性は既に知っていると思いますが、
それ以上に体への害も相当なものです。

 

 

まず、タバコに含まれるニコチンの影響で、
体内の悪玉コレステロールが増え、
さらに中性脂肪を増加させる元になります。

 

 

それだけでなく、心臓への負担、血管収縮、
発ガン性などダイエットだけに関わらず
良い事は何もありません。

 

 

本気で脂肪を燃焼させたいなら、すぐに止めましょう。

 

 

 

 

また、アルコール類は適量なら”百薬の長”と言われる程
体にも良いと言うことが昔から言われています。

 

 

ただし!

 

 

度を越えて飲みすぎると脂肪蓄積の原因になってしまうので
意識的にセーブすることが良いですね。

 

 

私のオススメは、焼酎の水割りかお湯割り、もしくはロックがオススメです。

 

 

なぜなら焼酎のアルコールを水で薄めることが出来ますし、
ビールなどと違って宴会や飲み会の席で、人から注がれることもありません。

 

 

まぁ、どちらにしても、適量を意識しないと
ダメですけどね。

 

 

 

でも、くどいようですが、タバコだけは
やめた方がいいですよ。

大切なポイント

痩せたければタバコはすっぱり止める。

 

アルコールは飲みすぎなければ問題なし。

スポンサーリンク