痩せたければ食事の量を減らせ

まず、朝食を抜く人が多いと言いますが、コレは止めた方が良いです。

と言うのも、朝食を摂ることで体へ必要なエネルギーを供給して脳の働きを良くする効果があります。

逆に朝食を抜いてしまうと、体が睡眠から目覚めずいつまでたって体が”シャキ!”としません。

結局、新陳代謝も悪くなり、栄養バランスも偏り体にとって良くないことが連続してしまいます。

次に、昼食。

昼食は昼からの活動に備えるためにも、必ず摂取しないといけませんが、遅くとも午後2時頃までに摂らないと夕食に差し支えるようになってきます。

痩せたければ夕食の量を減らすこと!

そして問題は夕食です。
私の場合、ココの考え方が大きく間違っていました。

夜の活動と言えば、ほとんどの人が寝るだけですよね。

そうなると、朝食や昼食に比べて摂取するカロリーや量を減らしても特別体に負担は掛からない訳です。

しかし!夕食になるとなぜか、高カロリーな食事や夜遅くまでの飲食が続いてしまいます。

しかも、脂肪が作られる時間帯は”夜寝ている間”です。

だから量を無視して食べたり、ダラダラ飲み食いしているとそのまま脂肪に反映されていたのです。

ですから私は、夕食は腹六分目で終わらして、遅くとも9時以降の飲み食いは一切禁止しました。

(お茶などの水分補給はOK)

そこまでするか!?

と思った人がいるかもしれませんが、大切なのは1度自分が目標とする体重、体脂肪率を落すことで、永久にこの生活をするつもりはありません。

1度自分が理想とする体重、体脂肪率まで落しそこからは原状維持をしていけば良いのです。

その為にも、生活習慣を改善して早く理想体重へ戻す必要があったのです。
そしてその結果がコレです。

まず、2月からの変化とダイエット前の変化を比べてみました。

2月からの体重変化-2.1㎏減量
2月からの体脂肪率変化-0.9%減少

ダイエット前からの体重変化-4.1㎏減量
ダイエット前からの体脂肪率変化-2.3%減少

結果はとても満足できる内容になり、体重、体脂肪率共に減少してくれました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする