動脈硬化とは一体何なのか?

たまにこんな事を聞いたことはありませんか?

”動脈硬化が原因で心筋梗塞、脳梗塞になってしまった”など、動脈硬化がキーワードの病気を。

簡単に言ってしまえば、生活習慣病などが原因で、血管内が狭くなって血液の流れが悪くなったり、血管の壁が硬くなり柔軟性を失ってしまうと言うのです。

動脈硬化 結果、動脈硬化が原因で血液の流れが悪くなり、また血管を塞いだりしてしまい、その先へ、酸素や栄養分が行かなくなり細胞が死んでしまう・・・・

これが脳で起これば脳梗塞。
心臓で起これば心筋梗塞と言うらしいのです。

病気になってからでは遅い!日々の健康には注意する。

あなたも想像してみてください。

もし自分がメタボリックシンドロームなどが原因で動脈硬化になって自分の健康を害した姿を・・・。

自分に限ってそんな病気にはならないと思うけど、思うけど・・・・・でも実際なる人もいるのです。

自分の健康を一番良く理解しているのは自分だと思います。

もう一度自分の健康を見直しませんか?

大切なポイント

内臓脂肪を溜め込むことでメタボリックシンドロームになりやすくなり酷い場合は動脈硬化などの恐ろしい病気で命を落すことがある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする